HOME > 飲食店コンサルタントブログ > 飲食店マニュアル作成メニュー

飲食店コンサルタントブログ

飲食店マニュアル作成メニュー

SV業務マニュアル

SV(スーパーバイザー)の仕事とは、担当しているエリアのお店が、本部で定めたQSCの基準に基づき正しく運営されており、収益を予算どおり達成させるようにすることです。 そして、もし不振店があれば、不振要因の分析を行い、原因を指摘し、店長に対し、改善策の指導を行なう事となります。  通常、店長として優秀だった人が、SVになります。 しかし、優秀な店長だった人が、必ず優秀なSVになるとは限りません。  「名選手、名監督にあらず」などの言葉もありますが、自分で直接店舗働いて改善指導できる店長と、部下の店長に指導しながら改善を進めていくSVでは...

SV業務マニュアルの続きを読む

2013年7月 1日 19:04

店長業務マニュアル

お店の売上は、店長で決まります。   それぞれの店長の能力の差で、売上が30%前後は変化するとも言われています。     店長業務は、稼働計画を立てるなどの管理職としての一面から、現場での各アルバイトへのトレーニングの実施などというプレイングマネジャーとしての一面まで幅広くあります。     ☆店長の主な業務としては・・・  ①稼働計画の作成と作業割当の実施 ②従業員の育成と評価 ③労務管理 ④店舗施設の維持とメンテナンス ⑤報告書の完全提出   などと言われています。   ですので、どのような店長でも、...

店長業務マニュアルの続きを読む

2013年7月 1日 18:51

食品衛生マニュアル作成メニュー

「食品衛生」は、飲食店を経営していく上で、最も大切な部分です。   安心・安全な料理を提供するためには、欠かせないマニュアルになります。 食品衛生に関しては、従業員が独自の方法で行なうのではなく、決められたことを決められた通りに徹底させていくことが重要です。 そのためには、貴社独自の作業にあったマニュアルが必要となります。   「もう少し会社が大きくなってから・・・」 「今は、忙しいから少し落ち着いてきてから・・・・」 では、遅すぎます。   経営者として今、判断するべきだと思います。       ★ご予算とお支払い方法については、遠...

食品衛生マニュアル作成メニューの続きを読む

2010年5月18日 10:00

計数管理マニュアル作成メニュー

店長教育にお困りの経営者様には、このマニュアルが必要です。    店舗では、お客様に付加価値を提供し、その満足度として代金を頂き、それが売上になります。  店舗を継続発展させるためには、その売上から経費を引き、利益を残す事が大切です。    「経費とは何か?」   「どのような性質なものか?」   などを理解出来ていないと、利益を残すことは難しくなってきます。    しかし、この事を理解出来ている店長は少ないと思います。   「数字が読めない」とか「数字に興味が無い」と言っている店長は、「自分で...

計数管理マニュアル作成メニューの続きを読む

2010年5月13日 16:12

清掃マニュアル作成メニュー

お客様に安心・安全を表現するためには、店舗が常に清潔な状態でなければなりません。   清掃は、「誰でも出来る作業」や「いつでも出来る作業」と考えてしまいがちです。   しかし、清掃は店舗での安心・安全な状態を決める大切な作業です。   清掃を行う際には、「標準作業」と「状態基準」を決めることが大切です。     ※「標準作業」 もっとも効率よく清掃が出来る作業方法のこと ※「状態基準」 ...

清掃マニュアル作成メニューの続きを読む

2010年5月12日 17:40

調理マニュアル作成メニュー

キッチンで一番大切なことは、作業効率良く常に一定の基準の料理を素早く提供することです どんなに良い食材を仕入れてきても、最後の調理過程で作業にバラツキが生じてしまうと、品質が低下してしまいます。  また、メニューごとに早く提供できる方法を全員が共有していないと、人により調理方法が異なるため、提供時間が乱れる営業状態になってしまいます。 このようなことが起きないように、自社で培ってきた調理ノウハウを、誰が見ても分かりやすく、誰でも実現出来るようにまとめておかなければなりません。  料理の品質を守りながら作業効率を追求していくためには、各...

調理マニュアル作成メニューの続きを読む

2010年5月10日 13:06

接客マニュアル作成メニュー

今は、従業員の質こそが他店との差別化をはかる大きなポイントです。 特に、飲食店の場合、接客する人のサービスにより、お店の印象を大きく決めてしまいます。  そのような接客サービスの品質を考える場合、下記のように「機能」と「情緒」の両面で考える事が必要です。    『機能』 お客様を待たせない快適なサービスを行うための機能的な動きの部...

接客マニュアル作成メニューの続きを読む

2010年5月 6日 22:03
ページトップへ