飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

店長業務マニュアル

店長業務.jpgのサムネール画像お店の売上は、店長で決まります。
 
それぞれの店長の能力の差で、売上が30%前後は変化するとも言われています。 
 
 店長業務は、稼働計画を立てるなどの管理職としての一面から、現場での各アルバイトへのトレーニングの実施などというプレイングマネジャーとしての一面まで幅広くあります。
 
 
☆店長の主な業務としては・・・ 
①稼働計画の作成と作業割当の実施
②従業員の育成と評価
③労務管理
④店舗施設の維持とメンテナンス
⑤報告書の完全提出
 
などと言われています。
 
ですので、どのような店長でも、きちんと店長業務が行えるように、必要な業務内容を、マニュアルで定めておき、店長の能力によるバラつきを少しでも軽減させるような取り組みが必要です。
 
 
※作成事例:店長業務マニュアル(一部抜粋) 
1.店長の役割とは
2.稼働計画の立て方
3.パート・アルバイトの採用と労務管理
4.パート・アルバイトのトレーニング方法 
5.クレーム対応
6.店舗の計数管理
7.金銭管理
8.商品管理 
9.食品衛生 
10.棚卸業務について
11.月別、週別、日別の報告事項
 
 
※作成に関しましては、ヒアリング・打ち合わせを数度行いますので、最低3ヶ月の期間を頂きます。 
 
 
« 食品衛生マニュアル作成メニュー | | SV業務マニュアル »

前のページへ戻る

カテゴリ:

ページトップへ