HOME > 飲食店コンサルタントブログ > 日記・エッセイ > 飲食店経営者に必要な3つの目

飲食店コンサルタントブログ

飲食店経営者に必要な3つの目

経営者に必要なものとして、「鳥の目、虫の目、魚の目」の3つの目を持つ事が重要だと言われる事があります。

意味としては、・・・
①鳥の目のように物事を俯瞰して見て、客観的に判断する事が必要である。
②虫の目のように低い視線で現場の状況を見て、改善していく事が必要である。
③魚の目のように潮の流れを見分ける事が必要で、時代の流れを読む力が必要である。
という感じだったと思います。

少し意味合いが違っていたら、すみません。

でも、経営者として必要な感覚を非常に上手に表している言葉だと思います。

経営者の方は、ぜひ意識して頂けたらと思います。

« 食品加工メーカー様が経営革新計画の認定を受ける | | 「飲食店支援のポイント」セミナーを担当しました »

前のページへ戻る

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://c-staydream.com/mtblog/mt-tb.cgi/1293

コメントする

ページトップへ