HOME > 飲食店コンサルタントブログ > 日記・エッセイ > クレーム対応時の言葉づかいを教えるのに役立つ方法

飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

クレーム対応時の言葉づかいを教えるのに役立つ方法

今日は、テレビで取り上げられていた事をシェアします。


初期クレームをトラブルに発展させない方法だそうです。

お客様から、最初にご注意頂いた時に、絶対使ってはいけない言葉があるそうです。


それは、「D言葉」と言うそうです。
・だって
・だから
・でも
・だけど


たしかに、分かります。

 

一方、初期対応で使った方が良い言葉は、「S言葉」だそうです。
・すみません
・失礼いたしました

などです。


ちょっと、S言葉は微妙な気が・・・


でも、学生アルバイトさんに教える時に、上記のように整理して伝えて上げるとわかりやすいと思います。

 店長の皆さん、ご参考にしてみてください。

 

« 知的資産を活用した飲食店経営 | | 新メニュー開発に役立つサイト »

前のページへ戻る

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://c-staydream.com/mtblog/mt-tb.cgi/1273

コメントする

ページトップへ