HOME > 飲食店コンサルタントブログ > 売上がドカンと上がる飲食店向けメルマガ > 客単価を上げるためには何を議論する??【売上がドカンと上がるメルマガ2012.5.17号】

飲食店コンサルタントブログ

客単価を上げるためには何を議論する??【売上がドカンと上がるメルマガ2012.5.17号】

毎日の営業お疲れ様です。

GW後にお休みは、しっかり取れましたでしょうか?

やっぱり、身体が基本です。
これからの季節、厨房はかなり暑くなってきますので、体調管理には皆さん気をつけていきましょう!

そうそう、これだけ気温も上がってくると、食中毒も心配です。
再度、衛生管理の確認をお願いいたします。


さて、今回のテーマは「客単価を上げるためには何を議論する?」です。

先日、ある飲食店の会議に参加していたところ、「客単価アップ」を目指すことが決まりました。
で、その対策を話し合っている時に、
「今の価格より少し高い価格のメニューの開発が必要だ」
「200円程度で簡単につまめる小鉢のメニューを作りたい」
「それならば、盛合わせのメニューが良い」
など議論が活発に行われていました。

でも、お気づきの方もいるかと思いますが、客単価を上げるためにどの数字の部分を改善するのかを決めていない議論になってしまっています。

飲食店の売上は、
売上=客数×客単価です。

で、客単価=平均注文数×メニュー平均単価になります。

つまり、客単価を上げるためには、
①注文数を増やしてもらうのか?
②メニュー単価を上げるのか?
になります。

このどちらを改善していくのかを決めていかないと、取り組みが見えなくなってしまいます。


売上アップを目指して行く時に、このように式を分解していき、より具体的な目標にしていくことが大切です。

部下に漠然と「客単価アップをさせろ!」なんて指示を出せないでくださいね。

 

今回の考え方を意識して頂き、売上をドカンと上げて頂きたいと思います。


売上がドカンと上がる飲食店向けメルマガのお申し込みはこちらから
http://www.c-staydream.com/mailmaga/index.html


飲食店の総合的なコンサルティングを御希望なら
http://www.c-staydream.com
飲食店の経営にお悩みなら
http://www.insyoku-keiei.com/
居酒屋の売上アップにお悩みなら
http://www.izakaya-uriage-up.com/
和食・日本料理店の売上アップにお悩みなら
http://www.nihonryouri-uriage-up.com/
カフェ・喫茶店の売上アップにお悩みなら
http://www.cafe-uriage-up.com/
飲食店のセミナー講師をお探しなら
http://www.insyoku-seminar.com/
商工会議所でのセミナー講師をお探しなら
http://www.syokou-seminar.com/
飲食店コンサルタントの活用法を知りたいなら
http://www.consul-katsuyou.com/

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コンサルティングオフィスSTAYDREAM
代表 原島 純一
(飲食店専門の中小企業診断士))
http://c-staydream.com/index.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

« お店の価値を再確認してみよう!!【売上がドカンと上がるメルマガ2012.5.09号】 | | 夏に向けて席数を増やして売上をアップさせよう!【売上がドカンと上がるメルマガ2012.5.24号】 »

前のページへ戻る

カテゴリ:

ページトップへ