HOME > 飲食店コンサルタントブログ > 日記・エッセイ > 被災地漁業支援のお願い

飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

被災地漁業支援のお願い

外食産業ニュース事務局の原島です。事務局に下記の依頼が来ております。皆様のご協力をお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私どもは東日本大震災から始まった任意の支援団体※1です。
現在、宮城県南三陸町を中心に様々な支援活動を行っています。

ご存知の通り、
被災地沿岸部は津波により甚大な被害を受け、町の基幹産業である漁業は未だ多くの問題を抱えています。港の地盤沈下や資金面、漁船や筏の流失、ロープなどの資材の不足など全てが深刻な問題です。

その様な状況下でも、漁業を再開できた漁師も僅かながらいらっしゃいます。しかしながら彼らもまた、受け皿である水産加工会社の多くが操業を停止している為※2に水揚げ量を制限しなければならず、厳しい状況に立たされています。

被災地の復興には地域経済の活性化が最重要であり、その為には基幹産業である漁業の再開が不可欠である。そう考えた私どもは、今回、被災地の漁師と被災地県外の店舗を直接結ぶ販売ルートを確立する支援を企画しました。

南三陸町は“世界三大漁場”の一つと云われる三陸沖に面しています。   

三陸沖は寒流と暖流が交わり、餌であるプランクトンが豊富な為、一年を通し数多くの魚介類が集まり、水揚げされています。もちろんワカメやホタテ、牡蠣などの養殖業も盛んです。

その日に獲れた旬の魚介類をその魚種に合わせた輸送方法を考慮し、新鮮なまま直接店舗に発送致します。

この直販支援にご賛同・ご協力下さいます様宜しくお願い申し上げます。
皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。
そして、今回この様なきっかけではありますが、皆様に南三陸の“本物の味”をご賞味頂ければ幸甚です。

※1…現在NPO法人認証申請中。
※2…津波での流失や地盤沈下による建物制限により新たな建築が出来ない。

【団体概要】

団体名:被災地支援団体 バタフライ・エフェクト
事業内容:災害被災地復興支援事業
    :被災地における雇用促進事業
    :災害時危機管理に関する普及啓発活動
    :その他支援に関する一切の事務等
事業所:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町4-8 ダイヤマンション604 ㈱FRC内
連絡先:TEL 03-5651-7607
     FAX 03-6661-6070
     HP 只今製作中

« 支援先の売上がさらに上がってきたみたいです | | 支援させて頂いた店舗の業績が急回復! »

前のページへ戻る

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://c-staydream.com/mtblog/mt-tb.cgi/1173

コメントする

ページトップへ