飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

被災地支援のお願い

当オフィスが運営しております「外食産業ニュース」に、被災地支援団体の「バタフライ・エフェクト」の方から下記の依頼が来ております。ご協力いただける方がいましたら、ご協力の程よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東日本震災支援協力のお願い


突然のお手紙で失礼致します。
私は被災地支援団体「バタフライ・エフェクト」の我妻と申します。
この度、ご不要となりましたソファーや椅子、テーブル等の物品を被災地にご支援して頂きたく、不躾ながら手紙を差し上げた次第です。
震災から7か月。
被災地は、相変わらず厳しい状況が続いております。
未だ具体的な復興計画も示されない中、被災地住民の間では新たな問題が発生しつつあります。
震災以前の被災地は地域の繋がりがとても強く、住民同士の結びつきも強いものでした。
けれども、あの震災で大切なものを奪われた人々の生活は一変し、変わってしまったそれぞれの環境の違いから心情的な要素も加わり、それまでの繋がりや結びつきに陰りが見え始めました。
復興には地域の繋がりや住民同士の結びつきが不可欠です。
そこで、私どもはこの地域の習慣である“お茶っこ※”ができる『憩いの場』を仮設住宅や周辺地域に提供したいと考えました。
この『憩いの場』で、環境の違いに関係なく、皆で“お茶っこ”を楽しみ、交流を深め、地域の繋がりや住民同士の結びつきを再び強めて頂きたいと考えました。
皆様のソファーや椅子、テーブル等の物品は、この『憩いの場』で活用させて頂きたいと考えております。
仮設住宅の設置場所は南三陸町だけでも50カ所を越しますので、物品はかなりの数を要します。
1人でも多くの方にご賛同頂き、ご支援ご協力を頂ければ幸甚です。
皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。
尚、ご協力頂く際には実費として被災地までの運送料※が掛かりますので予めご了承下さい。
ご不要になりました物品の廃棄代金とお考え頂ければ幸いです。
 
※“お茶っこ”とは東北の言葉で、皆でお茶を飲みながら世間話を楽しむ事を云います。
※運送料は内容によって異なりますので別途お問い合わせ下さい。
≪参考≫都内~南三陸町までの輸送運賃45,000円。(但し12/10(土)迄は35,000円)

平成23年10月
被災地支援団体
バタフライ・エフェクト
担当:我妻
≪問い合わせ先≫
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町4-8-604 ㈱FRC内
Tel:03-5651-7607

« 飲食店向けの卸売業者様へセミナーを実施 | | 日々の活動内容を紹介しています!! »

前のページへ戻る

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://c-staydream.com/mtblog/mt-tb.cgi/1169

コメントする

ページトップへ