飲食店コンサルタントブログ

割れ窓理論

今日は、モラル低下に関する理論をご紹介いたします。

「割れ窓理論」と呼ばれるものです。

基本は、環境犯罪心理学のお話ですが、他にも応用されています。

飲食店の経営者や店長の皆様にも参考になると思います。

 

「あるビルの窓ガラスが割れているのを放置していると、いつのまにかそれが当たり前となり、社会ルールが存在しないと周囲が思い、次々に窓が割られてしまう。」

といった理論です。

 

1つの小さなルール違反などを見過ごしていくと、だんだんとモラル低下が進み、しまいには無法地帯のようになってしまうことを表現しています。

 

社内や店舗でのモラルも同様です。

1回の遅刻やつまみ食いなどを放置していると、どんどんモラルが低下していきます。

そうなると改革は大変です。

大事に至る前に、きちんと細かい事を注意して改善させましょう。

 

 

詳しくは、こちらもご参考ください。

 

 

 

« 22年度の活動方針について | | 1つの時代が終わってしまった・・・・死 »

前のページへ戻る

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://c-staydream.com/mtblog/mt-tb.cgi/780

コメントする

ページトップへ