飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

3月の外食産業市場動向

日経流通新聞(MJ)に、日本フードサービス協会が発表した3月の数字が掲載されていました。

3月の外食産業売上高は、前年同月比に比べ、3.1%減少。

前年割れは、4か月連続ということです。

理由としては、

①前年に比べ、土曜日が少なかったこと

②景気後退による外食離れ

③WBCの盛り上がりによるテレビ観戦

などが、考えられるとのこと。

 

業種別では、

ディナーレストランが、13.1%減。

ファミリーレストランが、7.8%減。

居酒屋が、7.0%減。

となっています。

依然として、上記の業態の苦戦が続いております。

 

 

 

 

 

« 豚インフルエンザ | | 部下を見る目について »

前のページへ戻る

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://c-staydream.com/mtblog/mt-tb.cgi/206

コメントする

ページトップへ