HOME > 飲食店コンサルタントブログ > 日記・エッセイ > 厳しいファミリーレストランの現実

飲食店コンサルタントブログ

厳しいファミリーレストランの現実

「ファミレスの深まる苦境 鮮明化する業態の限界」

 

こんな厳しいタイトルが、出ていました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090312-00000001-diamond-bus_all

 

㈱すかいらーく出身の自分としては、辛い思いです。

 

しかし、数字で見ると厳しい現実があるのも事実です。

 

確かに、ファミリーレストランが、「感動」を与えられなくなってきています。

 

自分の子どもの頃と違い、今の子供たちが「ファミレスに行きたい。」という姿は、あまり見かけなくなりました。

 消費者の感覚が、「どこに行っても同じだから安心。」が、「どこに行っても同じだからつまらない」に変化しています。その変化についていけなかったことが、1番の問題となっています。

 

「ファミリーレストランの業態は、もう限界だ。」

そんな声を打ち消すような変化を、大手3社には期待したいと思っています。

« 中小企業診断協会 東京支部創立50周年記念 | | 飲食店マニュアル作成中 »

前のページへ戻る

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://c-staydream.com/mtblog/mt-tb.cgi/74

コメントする

ページトップへ